NPO法人 ぎふ音楽療法協会のプロフィール 


NPO法人 ぎふ音楽療法協会は、
ぎふ音楽療法研究会と岐阜県音楽療法士協会が一つになり、
2009年1月に非営利活動法人として認証されました。


理事長挨拶
 設立目的  会員・会費


理事長挨拶    

 平成28年5月21日第8回総会を開催し、議案すべての承認いただきました。これも関係者の皆様の協会へのご理解ご協力のお陰と感謝申し上げます。

  さて、27年3月をもって岐阜県のすべての委託事業は終了いたしましたが、当協会は広域にわたる会員にとっての利便性を重視し、支部活動に重きを置いてまいりました。そんな中、3年前から始めた支部での事例検討会・研修会も定着し、研修の内容によっては他支部からの参加もみられるようになり、会員の学ぶ姿勢に変化が表れてきたように感じます。

 また、岐阜県の受託事業で開催していました「ぎふ発・音楽療法セミナー」に代わる講座として、27年度は「公開講座」を大垣女子短期大学と共催で開催し、学生、一般参加など会員以外の参加を受け、県内外から音楽療法に興味を持っていただいていることを知ることができました。

 さらに27年度下半期より岐阜県介護予防指導者養成を目的にした講座開催主催者としてリハビリテーション関係団体(補助事業者)に加えていただき、下呂にて「岐阜県介護予防推進指導者研修事業」を開催することができました。今後もこの事業を協会主催「公開講座」の一環として音楽療法の普及を目的に力を入れていきたいと考えています。

 ぎふ音楽療法協会はHPを通してこれらの活動をアピールしてまいります。私たちの活動が多くの皆様のお役にたてることを願っています。

                          平成28年6月 英 通代
Top



  設立にいたるまでの経過

平成9年6月   ぎふ音楽療法研究会設立
           (会員の資質向上と音楽療法の普及を目的とする)
平成13年9月  岐阜県音楽療法士協会設立
           (音楽療法の社会的地位の向上、会員の資質向上、音楽療法の普及を目的とする)
平成20年5月  ぎふ音楽療法研究会と岐阜県音楽療法士協会の一本化承認
           (音楽療法の普及と推進を円滑に遂行するため、NPO法人化を目指す)
平成20年10月 設立総会開催



  設立目的

ぎふ音楽療法協会は、音楽を媒介に、人々の心身の健康増進、生活の質(QOL)の向上の為に深く音楽療法を学び、実践することにより、人々の健康と、音楽療法の発展に積極的に寄与することを目的としています。

Top



  事業

本会は、目的を達成するために次の事業を行います。
 (1) 音楽療法の理解と啓発事業
 (2) 支援事業
 (3) 各種講習会事業
 (4) 音楽療法士としての専門性確立事業
 (5) 受託事業
 (6) 講師派遣事業



  会員・会費
会員 事業 入会金・年会費
正会員
  ※本会の目的に賛同して
    入会した個人
●受託・依頼事業の担当(但し岐阜県音楽療法士、日本音楽療法学会認定音楽療法士、全国音楽療法士養成協議会認定音楽療法士一種・二種、日本音楽療法学会認定音楽療法士補、中部学院大学認定音楽療法士など本会が認める音楽療法士に限る)
●各種研修会、イベント等への参加
●広報誌の年間購読
●楽器・書籍の貸し出し利用
●すべての支部への活動参加
入会金3,000円
年会費6,000円
団体会員
  ※本会の目的に賛同し
    活動に協力する団体
●広報誌の年間購読
●一部参加可能な研修有り
●協会との共催事業
年会費1口10,000円(1口以上)
賛助会員
  ※本会の目的に賛同して
    入会した個人・団体
●広報誌の年間購読
●一部参加可能な研修有り
年会費1口3,000円(1口以上)
Top